給湯器交換は一括見積もりサービスを活用しよう

給湯器交換一括見積もり

 

給湯器交換を考えている場合は一括見積もりサービスを活用すれば、お得に交換することができます。普通に給湯器交換を依頼するとなると1社しか頼まないと思いますので、そこの会社の価格で交換することになります。複数の会社に見積りする場合でも一件ずつ連絡をしなければならないので手間がかかる作業になりますから一括サービスを利用した方が便利に見積もり依頼ができるのです。

 

給湯器交換の一括見積もりサービスを利用するメリットとして一番に挙げられるのは誰でも簡単に利用できる点です。サービスを利用するとなると難しいのではと考えてしまう方もいるかもしれませんが、サービスを行なっているホームページまで行きまして設置する予定の場所の郵便番号や現在使用している給湯器の品番などを入力するだけで一括で依頼できるので想像以上に簡単で今すぐできます。一括サービスに登録している業者は安心して利用できる業者ばかりとなっていまして、料金のみを比較するのではなく今までの実績や内容も比較して選択することが可能です。
一括で依頼するということは、複数の会社を見比べるということになりますから自分にとって一番条件の良い会社を選ぶことができたり、信頼できる会社で安心して依頼できたりと自分が納得できる形となります。

 

どうしても自分から連絡して給湯器交換を利用するのは難しい場合や分からない場合もありますけど、そういった時にも活用することができますし、入力フォームに必要事項を記入するだけなので誰でもできるのも嬉しいでしょう。また一部のサービスでは利用する前に登録している業者や会社に対して質問することも可能となっていますから気になる点や疑問点があれば、それを解消してから利用できます。給湯機交換の一括見積もりサービスを依頼するだけであれば無料となり、契約してから料金が発生しますので比較する段階では費用もかかりませんから気軽に利用してみると良いでしょう。

給湯器の交換時期について

給湯器交換交換時期

 

ガス給湯器の寿命は使用後大体8年から13年と言われています。使い方により故障が早まることも、逆に長く不調もなく使えることもあります。故障が早まる原因として、硫黄などを含む入浴剤の使用、石灰を含む井戸水の使用が考えれ羅れます。これらは配管部分に成分が付着してしまいます。また循環アダプターフィルターの目詰まりも一因となりますので定期的な洗浄が望ましいです。故障のサインとして、温度を設定しても定まらない、湯沸かしの時の音が大きくなる、湯量の減少、不完全燃焼のために煙が出るなどがあります。修理や交換時期が近くなっています。

 

突然お湯が出なくなると大変こまりますので、何か兆候があればすぐに業者に相談することをお勧めします。修理にかかる金額も業者によって違ってきますので慌てていると必要にせまられて即決してしまい、意外に高くついたりしますので、余裕をもって何社からか見積もりを取る期間があることが望ましいです。
インターネットからも業者が探せます。インターネットから相談や見積もり依頼ができる業者もあります。しっかりしたホームページはもちろん、良い口コミや施工実績がある業者を選ぶことをお勧めします。

 

見積もりを依頼する前にしておくことは、まず使用している給湯器のメーカー名、型番のチェックをします。これらは給湯器に記載されています。現在の不調状況や故障の前のサインなどをできるだけ詳しく伝えることも大事です。メーカー側の方針で部品の製造が10年前後となっています。修理する部品がなければ故障した場合全部を交換することになりますので、使用から10年に近くなった場合、また10年を超して使用している場合も一度業者に相談してみることをお勧めします。使用開始から10年を超して故障した場合修理できても高額になってしまうことが多いようです。3社くらいから見積もりをとれば大体の料金がわかります。安価であるというだけでなく設置後のフォローや保証も併せて検討することをお勧めします。

給湯器の仕組みについて

給湯器交換仕組み

 

給湯器がお湯を作る仕組みには、あらかじめ大量に作っておく貯湯式と、水を即座に変える瞬間式があります。貯湯式は大きなタンクの中に水を貯めておいて、それをジワジワと高い温度へと変えていきます。お湯を作るまでに時間がかかるので、タンク一杯分を使用し切ってしまったら、また温度が上がるのを待たなければなりません。タンクの内部でも水の温度差があり、より熱いお湯ほど上部に向かいます。送られるのはその熱湯で、上部からホースが繋がっていて、適度な温度にするためには途中で水が混ぜられます。

 

瞬間式の場合は起こした火の上に水を通る管を走らせておいて、即座にお湯へと変換させる形です。火力によって温度の調節ができますが、水量が多過ぎると十分に温めることができなくなります。給湯器にはガスタイプと電気タイプの2種類がありますが、ヒーター部分の形が違うだけで基本は同じです。リンナイで取り扱っている一般家庭用の給湯器は全てガスタイプですが、業務用に電気式が採用されることもあります。

 

具体的なメカニズムはガス瞬間式を例にすると、使用する時お湯側のバルブを回したらまず給湯器へと水が入り込みます。そしてその中に設置してあるセンサーが水を感知することで給湯器が起動します。火を用いてお湯を沸かすため、必要な空気を取り入れるファンを稼働させながら、ガスコンロと同じように点火用の火花を散らします。優先されるのはお湯の温度で、水の流れが速すぎて十分に温めることができない場合は水量が抑えられます。それを調節するのが水量サーボというパーツで、温度が高くなればなるほど水の勢いは弱まります。瞬間式はお湯に変わるまでに若干の時間差があるものですが、それをなくすために内部にモーターが組み込まれている製品もあります。貯湯式は主にお湯が使われない深夜帯に小さなエネルギーで沸かしていきますが、反対に瞬間式は一気に数十度の温度を上げるための高火力が求められます。なので一度に使用する水量なども計算されて、どちらを選ぶのかが決定されます。

リンナイの給湯器の特徴

給湯器交換特徴

 

人気の給湯器メーカーといえばリンナイです。屋内では最大手となるガス給湯器メーカーで愛知県名古屋市に本社があります。主にガス給湯器と家庭用ガスコンロや炊飯器を製造販売しているのが特徴です。1920年には石油コンロの卸業からスタート、今の会社名になったのは1950年で技術志向のメーカーとして知られています。販売をしている給湯器ですが大きく分けると3タイプが用意されているのですが、それぞれ独自の特徴を持っているので知っておくといいでしょう。ガスふろタイプは給湯機能に加えてお風呂沸かし機能を備えた内容をしています。浴室と離れた場所でも設置できるフリータイプの他に浴室に隣接した場所に設置できるユーアールも選べる仕様です。

 

ガスタイプは給湯だけを行えるのが特徴のタイプでシャワーや洗面、キッチンといった水回りで利用できます。湯はり完了時にはリモコンで知らせてくれる便利機能付き、80℃の高温水を供給できるタイプもあるのが特徴です。ガスふろがまは浴槽に水を張り沸かすのが特徴の商品で浴室内に設置するものと、壁に挟んで設置するタイプが選択できます。

 

業界では最軽量を誇っているのがリンナイの商品のメリットです。従来の給湯器だと35キログラムが主流だったのですがリンナイでは30キログラムを下回る軽量の商品を作っています。風呂熱効率に関してはかなり高く、業界内でもトップクラスの性能です。また機能面に関しては不要なものは一切搭載してないので故障率が少なく安定性が高い構成をしています。余計な機能が付いていないだけにコストカットも実現できているので他メーカーよりも安いです。リンナイは技術志向だけに技術力の高さが売り、給湯技術においてもノウハウを生かして作られています。安心して利用できる内容となっているのでこれから給湯器を購入したいときは選択肢に入る商品です。種類も多いので状況に応じて選べるのもリンナイのメリットと言えます。

パロマ給湯器の特性

給湯器交換特性

 

パロマ給湯器にはいくつかの種類があります。一つ目はふろ給湯器というもので、追い焚きと給湯の両方を行うことが可能です。洗面所や台所などでお湯を使用しながら、お風呂でも追い焚きができるようになっています。壁掛型と据置型の二種類があり、設置場所を限定することがないので自分に合ったものを選ぶことが可能です。二つ目は給湯専用器と呼ばれるもので、給湯だけをすることができます。洗面所や台所といった場所で利用できるのはもちろんのこと、お風呂においてもお湯はりに活用することが可能です。ただし追い焚きをすることはできないので気をつけましょう。このタイプは壁掛型となっており、スリムタイプ・コンパクトタイプ・エコジョーズタイプなどから選択することができます。

 

三つ目は給湯暖房熱源機というものです。これは給湯や追い炊きといった機能の他に暖房機能も備わっています。温水暖房機や床暖房をはじめ、浴室暖房乾燥機という便利な機能を有しているということが大きな特徴です。壁掛型エコジョーズのみとなっています。

 

パロマの給湯器にはいくつかの特性があります。その中の一つとして挙げられるものが冷水サンドイッチ現象を防止することができるQ機能と呼ばれるものです。使っていたシャワーの使用を一度中止してから再びお湯を出したときに、しばらくの間熱いお湯が出たあとに突然冷たい水になったという経験をしたことがある人も多いでしょう。すぐに再び熱いお湯が出てくるようになりますが、少しの間でも冷たい水が出てしまうということは不快です。そのような現象のことを冷水サンドイッチ現象と呼びます。パロマの給湯器に備わっているQ機能は、冷水サンドイッチ現象が起きにくいようにしてくれることに役立っている機能です。マイコン制御を活用することで、再びお湯を出したときに温度差がなるべくないように抑制することができます。この他にも、機器の本体が熱くなりすぎたときに察知することができるセンサーや、お風呂の栓をとった際に自動的に配管をきれいに洗浄してくれる機能など様々なものがあります。